プロフィール

益子祐司 Yuji Mashiko (個人情報は非公開)

2015年 『TVタックル』(テレビ番組の演出の嘘に失望させられた経験から、出演オファーには消極的です)

肩書を聞かれて、著述家(作家)、翻訳家、詩人、イラストレーター、UFO研究家(コンタクティ)などと表向きに使ってきましたが、一側面に過ぎません。誰もが本当はそうであるように、自分は自分自身でしかないので、主な職業としての会社員でも構いません。

座右の銘というか、生き方を抽象的に言わせていただければ、幼少時から体験している特異な事象に関する自身の感覚を解明するために、直観と理性、主観と客観のバランスを大切にしています。見えない世界だけを語る人は偽りの証拠を示し、見える世界だけを語る人は偽りの真理を伝えるものです。分かっているフリをしたカリスマをフォローするほうが、分からないことを自身で探求するよりも楽であるため、真の中立性を保っている人は少数だと感じます。中途半端と中立は似て非なるものです。行動と忍耐によってのみ、バランスを保つ強い軸が養われるのだろうと思います。

掲載の詩に添えた画像の大半はフリー素材です

※一部の困った人たちの迷惑行為もあり、個人特定情報やお話し会の会場は非公開としています。警察の協力で抑えてもらった過剰なストーカー行為もありました。