2008年2月の日記より

2月17日はハワード・メンジャーさんの86回目のバースデー
『天使的宇宙人とのコンタクト』 の著者の方です
昨年は帯状疱疹に苦しんだりしながら奥さんのコニーさんも看病疲れで大変だったそうですが
日本での本の出版をとても喜んでいらっしゃいました
メンジャー夫妻の長年の労苦が報われてほしいと僕は切実に願っていました
ただ夫妻は最初の本を出す際に出版社に渡したポラロイド写真の多くを盗まれてしまい
それ以降は誰にも写真を渡さずに自費出版を続けていました
当然のことながら遠く離れた日本にオリジナル写真を送ってもらえるはずもなかったのですが
幸いなことに長女のハイディさんがスキャナーで写真を読み込んで送ってくれましたので
それらの画像と、僕が手に入れた最初の原書の掲載写真の画質を出版社が比較して選んでくれました
でも夫妻は特別に世界初公開の写真画像も提供してくれました
さらに僕は日本の読者のためには極力正確な情報を提供したいと考えていたので
ときには厳しく追及する質問をして夫妻の機嫌を損ねそうになったこともありました
さらには細かな出版契約書の作成の際に老齢の夫妻に代わって出てきた代理人の人が
出版社への過剰な要望を出してきたので、僕は思わず
「いいですか?僕はお金のためにやってるんじゃないんですよ!メンジャー夫妻の貴重な体験を
日本の人々に伝えたいだけです。出版社を信用できないなら、僕は降りてもいいんですよ!」
と強い言葉を投げかけたら、僕の誠意が本物であることを悟ってくれたようで信用してくれました
出版までにはそれ以外にもいろいろと大変なことがあり、眠れない夜も何度もありました
ですから出来上がった本を手に取ってもらったときにメンジャー夫妻から
「ありがとう。本の構成をあなたに任せた私たちの判断は正しかった」
そう言ってもらえた時は本当に嬉しかったです
もちろん、読者の方々からのお手紙やメールにも心から感謝しております
ハイディさんの誕生日も今月なので、あわせてハッピーバースデー☆
※写真は愛用のパイプを持った若き日のハワードさん
  (当時はまだスモーカーでした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA