House Vision

オムネクの友人のアンジャからの皆さんへの呼びかけで
オムネクが子供たちやその孫たちと一緒に住める家をもてるように
イメージの力で少し協力が頂ければありがたいですとのことです
想像力は創造力ですので、なんらかの形で実現の手助けになればという趣旨です
たぶん全員で住めるとなると広めの家になるでしょうか(上の画像は僕のイメージです)
オムネクはずっと質素な暮らしをしていて
日本からの印税も周囲の困った人たちにあげていたと関係者から聞いています
なぜ自分にも必要なお金をあげてしまうのかと疑問に思われるでしょうが
オムネクと親しい人たちから聞いた話では
たとえばオムネクはもし所持金が20万円あったときに
誰かが20万円必要としていることを聞かされると
自分の手元に何も残らなくても全てあげてしまうような人だそうです
そんなことをしたら自分が困ることになると頭では分かってはいても
どうしてもそうしてしまう (理屈で自分を説得できない) そうです
彼女のそういう性格はなんとなく容易に想像がつきます
この地球社会で生きるにはあまりに正直すぎて不器用な人のようです
でも僕の知り合いにもそういう人がいました
試験中に、隣の人の筆記用具か何かが使えなくなったときに
自分のものを貸してあげて、自分はそのまま問題を解かずに待っているといった
なんというか天然そのものな人でした
先生からは「宇宙人みたいな子」と言われていましたが・・・
オムネクは現在は別の友人宅にお世話になって暮らしていますが
子供や孫たちのことも心配なようで
できれば一緒に住んでいろいろと手伝ってあげたいようです
家を買うとなるとお金も必要ですが、要は住めればいいわけですので
誰かが格安で貸してくれるとか、そんなかたちでも実現するように
皆さんの想像のパワーで少し手助けしていただければ幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA