Child in a dream

今朝の夢の中での出来事 ―
誰かが僕に英語の家庭教師を頼んできました
「少し変な子なのですが、大丈夫だったらおまかせしたいんです」
その家を訪ねると、本を持った子が出てきました
「この人のいた世界のこと知ってるんです」
見せられたのは、オムネクの本でした
「ああ、それは僕が訳した本だよ」
明るい口調で言うと、相手の瞳がきらめきました
夢はここまでですが
「いきなりこんな本を人に見せたら変に思われるだろうな」
そう心の中で思ったのを覚えています
なぜこのような夢を見たのかは分かりませんが
ほのかに切ない気持ちになったのは
その子の記憶の世界と今の世界との違いを感じてしまい
ただそれを見守るしかなかったからかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA