be with you

こまっている誰かを助けてあげることは
時には相手を弱めてしまうかもしれない
こまっている誰かを突き放さないことは
いつでも相手を強くするものなのだろう
頭に記憶を残して恩義を感じさせるより
心に印象を残して忘れられるほうがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA