Akira

アキラさん               
いつも心の中で貴方に話しかけてきたけれど
いま圭ちゃんは貴方のそばにいるのだろうか
彼女が幼い頃に貴方は旅立ってしまったけど
圭ちゃんのことを誰よりも愛してくれていたね
彼女もずっと貴方のことを一番愛していたよ
つらい時にはいつも貴方の名前を呼んでいた
「迎えに来て」って泣いていたこともあったんだ
でも彼女は本当によくがんばって生きてきたよ
だからきっと胸を張って貴方の前に行けたはず
アキラさん                  
圭ちゃんが病院で昏睡状態になってしまった時
目を閉じたまま一瞬満面の笑みを浮かべたんだ
あんなに嬉しそうな顔は誰も見たことがなかった
「アキラさんに会ったんだ」 みんながそう思った
そうだよね。貴方が迎えに来てくれたんだよね
それから圭ちゃんは安らかに旅立っていったよ
彼女に優しく微笑んで手を差し伸べる貴方は
二十一歳のままの素敵なお兄さんだったはず
彼女はこれまでのことを沢山話してるだろうね
圭ちゃん                                 
よかったね。やっとアキラさんと一緒になれて
もう会えなくなってしまったのは淋しいけれど
しあわせな二人の姿を心に思い浮かべながら
いつか再会する日までここでがんばっていくよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA