漂流紀行

人生は気球に乗った旅のようなもの
多くの人は目的地をきちんと定めて
十分な水と食料を確保して出発する
人生は希望どおりには進まないもの
大きな環境の変化にふりまわされて
自分の目指す方向を変えたりもする
もし風船に穴があき降下しだしたら
前途を悲観し飛び降りたりしないで
少しずつ荷を捨てて軽くしていこう
もし安全な地点まで持ちこたえたら
贅肉のないスリムな体になれるって
すてきな未来を信じて進んでいこう
余裕をもって旅できればいいけどね
いつも成長しようと望んでる魂には
なかなか楽をさせてもらえないから
予行演習だって思えばいいのかもね
いつかこの世界を旅立っていく時は
何も持たずに新天地に行くのだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA