Poet

宙を漂う言葉で自他を酔わせる
それが詩人の世界だというなら
それはスピリチュアルと同類だ
どちらからも距離を置きながら
ポエムと異世界を唱える自分を
矛盾した存在とは思っていない
それは人間が好きでありながら
ストーカーが苦手なのと同じだ
詩人は自らをさらけ出しながら
見えないバリアーを張っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA