ガラス越しには撮影できない証拠

UFO映像について懐疑的な見方をするのは健全なことですが
基礎知識を持っていない人が簡単に否定するのは困ったものです
青と白の発光体が「窓に映った室内灯を撮影したもの」などではないことは、街のネオン等の写り方や撮影視野・角度を見れば分かることなのですが、現場の建物の窓は全て網入りなので、ガラス越しに撮るのは不可能です。上に証拠の比較写真を載せます
ドローン等を疑う人は、空を広く見渡すことが難しい都会において
夜間にライトを1度しか点灯させずに空高く飛ばして遠隔操作することが可能かどうか考えてみて下さい。そもそも、そんなライトありますか?
航空機のライトを疑う人は、規則で定められた色と点滅回数を調べてみてください
静止流星やプラズマを疑う人は、大きさの違う青と白の光の楕円形の同時発光がありえるか、考えてみて下さい
色ノイズ等を疑う人は、ピクセル荒れをしていない等倍撮影の動画でこのように写ることがありえるか、考えてみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA