UFO・オカルトというお馬鹿な業界

TBSの捏造クイズ番組のニュース記事を見ましたが、
私も以前にTBSのUFO番組の打ち合せに呼ばれたことがありましたが
笑いを取るようなやり方はできないとお断りしておきました。
後日オンエアされた番組の録画を見たところ、
実際に死者も出た中国のタンクローリー横転火災事故の映像に
UFOを合成したユーチューブ動画などを見て
必死で逃げ惑う人たちを笑い飛ばす不謹慎な内容で
私は制作会社に猛省を促すメールを送りました。
フジテレビからも打診がありましたが、
本番ではインチキUFO映像のオンパレードでした。
制作下請会社にそれを告げたところ、
「おっしゃる通り全部ニセモノです」と申し訳なさそうに言われました
テレビ朝日の年末超常現象バトル(制作はオフィストゥーワン)では、
事前に番組で紹介用のUFO映像10本ほどの真偽判定を依頼され、
すべてニセモノだと説明と証拠を添えて返答しましたが、
放送ではすべて正体不明のもの(UFO)として紹介されていました。
バラエティとしては構わないのでしょうが、UFOやオカルトが
お馬鹿なものというイメージが世間に持たれているのは
一般企業で働いている身として、痛いほど実感させられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA