Suddenly

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?
ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで
谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ
母さん、あれは好きな帽子でしたよ
僕はあのときずいぶんくやしかった
    ― 西条八十の詩より
母さんの亡くなった日から少しあと
山頂から半透明の帽子のようなものが
谷底に弧を描いて降りていった
それは突然に僕の目の前に浮上して
ピンポン球のように垂直に上昇していった
撮影の間もなく僕はずいぶんくやしかった 
           ― 私の遭遇体験より
『人間の証明』テーマ曲https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=j8uklD3_ywA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA