嵐が丘

真剣に貫かれるまえに
真綿に包まれていたい
八つ裂きとなるまえに
静けさのなかにいたい
正面をみすえるまえに
遠くをみつめていたい
ふれあいを刻むまえに
気配だけ感じていたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA