Forward

他と比べることをしないなら
優劣をつけることをやめたら
受験もオーディションもなく
自由競争の資本主義も消える
誰もが素晴らしくみんな平等
そんなのは敗者への慰めだと
心の奥底では誰もが感じてる
でもどこかで競争を望んでる
庶民から手の届かない存在の
ヒーローやヒロインに憧れる
軽蔑と尊敬は表裏一体のもの
劣等感と優越感は人間の本能
誰も認めたくない自身の本性
でもどこかに違和感も覚える
人は矛盾を内に抱え生きてる
そう認めなければ始まらない
解決は不可能だろうと思って
目をそらしたら偽善者のまま
でも生半可な気持ちでいたら
答えには辿りつけないだろう
命が惜しかったら諦めてくれ
そしてもう真実も愛も語るな
覚悟がある者だけが前に進め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA