ちいさきもの

波の引く間に顔を出す 

小さなカニの群れのように

穏やかな小春日和には 

お年寄りや子供が外に出る

若者たちよ中年たちよ 

小さき者たちに道を譲ろう 

去りゆく時が近づいた者は

いろいろ見てきたがゆえ 

小さなことに幸せを感じる

訪れる未来を迎えゆく者は

ほとんど知らないがゆえ 

小さなことに喜びを覚える

いつの間にか人は忘れ 

いつの日にか人は思い出す 

かけがえのないものは 

とっても小さかったことを