いちごポッキー

 味わおう いちどポッキリ 人生は

春一番の疾風のような

買い占め客の去った後

米や袋麺に目もくれず

いちごポッキーを買う

嬉しそうに食べていた

友の顔をふと思い出し

衝動的な群衆から離れ

ほっこりしたくなった

箱ではなく徳用袋って

衝動的な爆買いじゃん