進化

刹那的に生きている人

永遠性に価値をおく人

前者はモノにこだわり

後者は心を大事にする

意識高い系と低い人達

本当に分かれてるのか

永遠は刹那に優るのか

モノは心より劣るのか

何の為に肉体はある?

何の為にモノを持つ?

悟って悠々と過ごす者

短い生涯を駆け回る者

寿命が尽きて死んだ後

どこかで目覚めるなら

悟った者はまた現世で

モノを軽視して生きる

刹那を生き抜いた者は

期せずして目を覚まし

一段上のモノの世界で

また刹那を駆け抜ける


二極化する進化への道

Dress like you

君の裸を見たいと思わない
お気に入りの服の君がいい

君の心を覗こうと思わない
奥深くにいる君を知りたい

裸になると僕は君を見失う
体が君を抑え込んでしまう
好きな服のほうが君らしい

感情や考えは君のごく一部
本性だと思ってほしくない
君は本当の自分を知らない

天使

老人ホームの昼食時間
食堂に賑やかに響く声
それは若い職員のもの
お年寄りは静かに座る

済んだなら片づけるよ
耳元で尋ねる大きな声
待って、私がやります
そっと近づく小さな声

がんばって食べようね
耳元で励ます明るい声
お年寄りがお箸を持つ
ゆっくりと口にはこぶ

食事後のトイレの前は
いつも車いすの大行列
後尾に並ぶ介護職員は
時計に目をやり苛立つ

今日からオムツにして
耳元で命じる大きな声
あ、私が代りますから
そっと近づく小さな声

その人は分かっていた
オムツは世話が楽でも
トイレとは永遠の別れ
一つ尊厳が消えること

職員の午後の休憩時間
楽しく談笑する輪から
小さな声の主は離れて
うす暗い廊下へ向かう

トイレタイムの名残の
床の汚れを拭き取って
落ちているゴミを拾う
そしてまた輪に戻った

誰も気づいてないけど
片田舎の小さな施設で
ぼくは天使を見たんだ

シンクロニシティ(Short Version)

偶然の一致  - シンクロニシティ

それは単なる偶然ではない

心理学者のユングも認めた科学的な事実である

これは机上の空論ではない

私も身をもって体験した正真正銘の実話である

高校生の頃 - 心労多くして

宿題をしてこなかった私は

休み時間にシャーペンで課題を仕上げていた時

予想外の出来事に遭遇した

シャーペンの芯が無くなってしまったのである

その時にコトンと音がした

横切った級友がシャーペンを落としたのである

私は級友の背に呼びかけた

そのシャーペンを私にしばらく貸してほしいと

級友は快く承諾してくれた

しかしその後に再び予想外の出来事に遭遇した

赤色の芯が入っていたのだ

遠ざかる彼の背中に私は大きな声で呼びかけた

「芯、黒にしてー!」

Walk on

他人のせいにする人

環境のせいにする人

自分を正当化する人

自分を標準とする人

自らを改めないなら

自ら努力しないなら

運命を切開くことも

答えに近づくことも

永遠にできないはず

落ち込んでる暇など

文句を垂れる暇など

一秒だってないはず

落ち込んだっていい

泣いたりしてもいい

ただ歩みを止めるな

這ってでも前に進め

一ミリでもいいんだ

未来をあきらめるな

Neutral

どっちつかずの貴方は

いつまでもくよくよと悩んで堂々巡りして

急に発作的に動いては

痛い思いをして後悔することを繰りかえす

中途半端だと説教され

そのとおりだと自覚してさらに落ち込んで

中庸が大切だと諭され

やりすぎてしまう自分の愚かさを恥じ入る

弱気な気持ちを吐けば

上手く操ってやろうと企む者が寄ってきて

生意気な語調で書けば

足元をすくってやろうと小物がやってくる

アメとムチに翻弄され

感情のジェットコースターにしがみついて

明日と未来に期待して

叶わぬ夢を妄想しながら布団にもぐりこむ

貴方が気づくべき事は

それがマインドコントロールだということ

貴方が誇るべき事実は

そんなゲームに馴染めずに生きていること

中途半端のままでいい

ときどき試みて結果を味わってみればいい

吉と出ても凶と出ても

一枚ずつ薄いベールをはがしていけばいい

喜怒哀楽の狂想曲には

さめた気持ちで付き合ってやるだけでいい

相手の目を見据えれば

笑みの奥に怯えた痩せ犬の姿が見えてくる

想いを伝えるのも

想いを受け取るのも

たたずんだまま

ただ遠くを見たまま

ふりむかずに

ふたりの空間に