英語学習法

僕の英語はまったくの独学です
留学したことも英語学校に通ったこともありません
社会人になった時点では英検3級でした
ただ英語は世界の共通語とも言われ始めていましたので
世界中の人と友だちになりたくて
海外の20カ国くらいの人を相手に文通を始めました
メールと違って 手紙って何だか温かみがあって好きだったんです
そのころ僕は田舎に住んでいたので
往復5時間もかけて都会の会社に通勤していました
しかも電車内はずっと立ったまま・・
ところがその時間が格好の英語学習になりました
英語学習はまず中学1年生の教科書から始めました
何しろ当時は中学生に
「水って英語でどう書くの?」って聞かれて
「水は分子で出来てるから複数形で WATERS だべ」って胸を張って答えてしまって
あとで別の大人に注意されて
「物質名詞は単数でしょ!中1の教科書から復習しなさい!」と言われちゃいました(恥)
発音は発音記号で覚えました。
そしてラジオの英会話番組を欠かさず聴きました
半年くらいで高校英語まで勉強(復習?)してから英検2級を受けました
しかし試験会場に入ると回りはほとんど女子高生!
小さくなって試験を受けながらも無事合格
午後にはダブル受験で準1級を受験
ここではさすがに大人の受験生が多かったです
2次試験は4コマ漫画のストーリーを言うものでしたが
ふだんからオチを考えるのが好きだったせいで無事合格
そしてさらに1年間の独学を続けて英検1級にチャレンジ!
しかし試験会場に入ると今度はおじさんばかりで
何やらみんな難しそうな英字新聞とか英語雑誌を読んでいます
緊張しながらも何とか筆記試験をパスして
2次試験の日を迎えました
内容はリスニング&書き取りと、お題を与えられての即興スピーチですが
僕はもう覚悟を決めて
どんなお題が出てもブルース・リーの話をしてやろうと思ってました
ですから「私の母」なんてお題だったら完全にアウトでした
幸いにも与えられたお題は「私が読んでいる雑誌」
しめた!『ブラックベルト(黒帯)』に載ってたリーの話をするべ!
そう思ってリーの武道精神を身振り手振りも交えて語り、無事合格!
他の受験生は緊張のせいか、しどろもどろになる人が多かったのですが
海外に一度も出たことがなかった僕は
合格率5%の狭き門を通過できたのでした
これらの学習を通じて僕が得た教訓は
日頃から色々なことに自分の考えを持つようにすること
日本語で意見が言えなければ英語で言えるわけがない
たとえ英会話に慣れていなくても
自己主張ができれば あとは単語と文法知識があれば大丈夫
発音はラジオ講座だけでも充分に学べる
ということでした
自分を語ることは 英会話を生きたものにします
そしてそれにはまず 外国のことを知るだけでなく
日本の文化についても語れなくてはいけません
海外の人は たとえ若者であっても自国の文化をしっかり語れる人が多いです
でも言葉だけで説明するのは難しいので
いろんなアイデアを用いて楽しく紹介するのがよいでしょう
僕がイラストを提供している本(右上の写真)の
『ポン!とわかる 英語で日本紹介 アイデア集』(川田美穂子さん著)はお薦めです
さて、話は変わって
独学で英語をマスターって言っても
通勤電車っていうと「電車男」のイメージもあるので
薪を背負って通学途中に勉強した二宮尊徳みたいに
家から駅まで歩きながら勉強したと僕は友人たちには語っています
実際に自宅から駅まで徒歩で25分ほどありましたが
帰りは真っ暗な田舎道なので、勉強は行き道だけです
すなわち、英検1級は駅へ行く道の苦学!
        駅へ行く・・
        えきへいく・・
        えけいっく
        えいけんいっきゅう
        
        く・・苦しい・・

小聖と大聖

『小聖は山に篭(こも)り 
大聖は市井(しせい)で人と交わる』と言います
つまり
人里離れた場所で瞑想などをして自らを高める聖者と
街中で人々と接しながら普通に暮らす聖者です
前者はまだ器が小さく 後者は大物なのでしょう
よく 「存在しているだけで影響力がある」 と言う人がいます
そういう人は 山に篭っていても 街中にいても世界に影響を与えるのでしょう
「私は存在していることで世の中に貢献している」 という人もいます
そのとおりだと思います
しかし どこに存在するかで その本質も問われるかもしれません
静かな山中と 騒がしい俗世間では 周囲の環境が大きく異なります
ブルース・リーは平常心を養う訓練として
イヤホンで片耳に工事現場の大騒音を聴かせ
もう片方の耳には水滴が落ちる微かな音を聴かせ
やがて水滴の音だけに心が集中するようにしたそうです
本物の聖者がいるとすれば
その人は聖なる山などではなく
喧騒と情念が渦巻く下界の真ん中で
凡人のふりをして生きているのではないか
僕はそう感じます
真の聖者は
ただ 「存在する」 だけで良いとは思わず
かと言って他人を 「救おう」 とも思わず
ごく自然に触れ合いながら日常生活を過ごす
そんな人ではないかと思うのです
もし
弘法大師空海が 旅の道すがら
路上で飢えた人と出会ったとしたら
その面前でお弁当を食べて相手にも満腹感を得させようとはしないでしょう
かといって
その人を救ってやろうとお弁当を与えることもしないでしょう
たださりげなく 相手の意思を尊重して
友に声をかけるように尋ねることでしょう・・
「食うかい?」
※写真は高校時代に描いたブルース・リーの絵

夏の味覚

暑い季節に美味しいものといえば
そうめん、スイカ、アイスクリームなど 
いろいろあるなかで 僕の大好物は
ナスの生姜焼き なのです
ただ一人暮らしを始めてからは
自分ではなかなか上手に作れません
フルーチェは自分でも作れるのですが・・
何年か前の夏に実家に帰省したときに
看護師の姉が ナスの生姜焼きをご馳走してくれました
その日の晩に僕は
後に名作と称された俳句を詠んだのでした ―
       焼きナスと
       夜勤ナースの
       夏日(なすび)かな
※画像は空想画「夏の滝」

サムライ魂

大和魂=サムライ魂かどうかは分かりませんが
現代のサムライといえば
僕は俳優の藤岡弘さんを思い浮かべます
彼が以前、米国の山岳映画 「K2 愛と友情のザイル」 に出演した際のこと・・
撮影現場には人種の異なる多数の人々がいて
そこでは醜いエゴによる摩擦も生じていたといいますが
ある日の撮影中に突然に雪崩の危険が訪れ
急遽ヘリでキャンプへ避難することになったそうです
メインクラスの俳優たちが優先的にヘリに乗るように促され
藤岡さんも声をかけられましたが
われ先にとヘリへ乗り込もうとする人々の姿を見た彼は
「神がこの映画に私を必要としているならば、決して私を死なせないはずだ」
そう思い、自分は最後に乗り込むことにしたそうです
全てを一瞬で飲み込む雪崩がいつ押し寄せてきてもおかしくない状況の中で
並の正義感だけでは先に恐怖心に飲み込まれてしまっていたことでしょう
やがてヘリがキャンプに無事到着し 
最後に藤岡さんが降り立つ姿を見て
それまで彼を多少見下していた人々の態度が変わり
「彼はサムライだ」
そう言った人もいたそうです
かつて宮本武蔵が悟った極意 ―
「武士道といふは 死ぬことと見付けたり」
自分は死ぬ覚悟ができているだろうか?
そう自問自答した僕は
まだ生きることに未練が多いように感じました
何年か前に
駅の線路に落ちた人を救助するために 
列車に轢かれた亡くなった人のニュースを聞いたとき
たまたま傍にいた僕の親友がポツリとつぶやきました
「ボクが線路に落ちたら 君は命がけで助けてくれようとするんだろうなぁ・・」
たしかに100%そうするだろうとは思いましたが
「なわけねーだろ、アホ!」
と勝手に口がしゃべっていました
トーク イズ チープ だぜ、マイフレンド

淡雪

夏のまぶしい日差しに
秋の空を彩る夕暮れに
冬の庭に積もる白雪に
春に舞う桜の花びらの中
そっと口づける僕に
頬をほんのりと染める 君が好きです
画像: 空想画 「春桜」

2009年2月の日記より

2009年2月25日午後11時11分(米国現地時間)
ハワード・メンジャーさんがご家族に見守られて新しい世界へ旅立たれました
彼を想う多くの皆さんの温かい心にも包まれていたことと思います。
旅立ちの時、美しいトロピカルなフロリダの澄んだ新月の夜空には星々が生き生きと輝いていたそうです
彼がこれからも宇宙での聖なる使命の遂行を続けていくことを、ご家族は分かっているそうです
この数年ハワードさんは病気で苦しんでこられましたが、今は新しい体でとても快適に感じていることでしょう
1週間前の17日の(87回目の)誕生日にお祝いメールを送りましたが
ちょうど直前に日本の22歳の女性読者から本の感想コメントを頂きました:
「ハワードさんのUFO写真はボヤケているから本物だと思う。金星人の(シルエットの)手がボヤケてるのも可愛い♪」
ハワードさんに 「日本の若い世代にもあなたの本は感銘を与えていますよ」 と伝えると
お嬢さんから 「パパはとっても喜んで、気持ちが元気になりました。ありがとう」 とお礼が届きました
ハワードさんへの最後のプレゼントが日本の読者の言葉となって僕も嬉しかったです
ハワードさんがコンタクトした宇宙の友人たちは 「2012年に再び戻ってくる」 と言ったそうなので
米国人男性としても長寿な彼はきっと2012年も生きているのだろうと僕は思っていましたが
宇宙人たちの約束した再会とは、個人的なものなのか、それとも地球人に対するものなのでしょうか
もし地球人全体への正式訪問なら、その宇宙人の中にはきっと幼いハワードさんも含まれているはず・・
だとしたら、もうすぐまた会えるんですね
魂は永遠・・・本当のお別れなんてないのだから・・・また逢う日まで
ハワードさん、お疲れさまでした。そして、ありがとう 
いつまでもあなたを忘れません

2008年2月の日記より

2月17日はハワード・メンジャーさんの86回目のバースデー
『天使的宇宙人とのコンタクト』 の著者の方です
昨年は帯状疱疹に苦しんだりしながら奥さんのコニーさんも看病疲れで大変だったそうですが
日本での本の出版をとても喜んでいらっしゃいました
メンジャー夫妻の長年の労苦が報われてほしいと僕は切実に願っていました
ただ夫妻は最初の本を出す際に出版社に渡したポラロイド写真の多くを盗まれてしまい
それ以降は誰にも写真を渡さずに自費出版を続けていました
当然のことながら遠く離れた日本にオリジナル写真を送ってもらえるはずもなかったのですが
幸いなことに長女のハイディさんがスキャナーで写真を読み込んで送ってくれましたので
それらの画像と、僕が手に入れた最初の原書の掲載写真の画質を出版社が比較して選んでくれました
でも夫妻は特別に世界初公開の写真画像も提供してくれました
さらに僕は日本の読者のためには極力正確な情報を提供したいと考えていたので
ときには厳しく追及する質問をして夫妻の機嫌を損ねそうになったこともありました
さらには細かな出版契約書の作成の際に老齢の夫妻に代わって出てきた代理人の人が
出版社への過剰な要望を出してきたので、僕は思わず
「いいですか?僕はお金のためにやってるんじゃないんですよ!メンジャー夫妻の貴重な体験を
日本の人々に伝えたいだけです。出版社を信用できないなら、僕は降りてもいいんですよ!」
と強い言葉を投げかけたら、僕の誠意が本物であることを悟ってくれたようで信用してくれました
出版までにはそれ以外にもいろいろと大変なことがあり、眠れない夜も何度もありました
ですから出来上がった本を手に取ってもらったときにメンジャー夫妻から
「ありがとう。本の構成をあなたに任せた私たちの判断は正しかった」
そう言ってもらえた時は本当に嬉しかったです
もちろん、読者の方々からのお手紙やメールにも心から感謝しております
ハイディさんの誕生日も今月なので、あわせてハッピーバースデー☆
※写真は愛用のパイプを持った若き日のハワードさん
  (当時はまだスモーカーでした)

愛犬の思い出

小学校5年生のころ
下校途中の道すがらにあった空き家の奥から
「キャン キャン」
子犬が元気に吠える声がするのを友人のK君が気づきました
それが僕と愛犬ラッキーとの出会いでした
ラッキーを飼い始めてからすぐに
明らかにラッキーの母親と思われる真っ白な犬が
ラッキーとよく似た真っ白な子犬たちを引き連れて
空き地を歩き回っているのを見かけました
ラッキーはシッポを振って母親のもとへ戻ってきました
でもしばらく遊ばせたあと
僕は再びラッキーを家族から引き離して
家へ連れて帰らなければなりませんでした
捨て犬の生活に戻すわけにはいかなかったのです
母親と離れ離れにしてしまうのは可愛そうでしたが
ラッキーは名残惜しそうに家族を振り返りながらも
僕といっしょに家に戻ってくれました
捨て犬としてこの先どうなるか分からない未来よりも
人間に飼われたほうがずっと幸せになれる
そう勝手に僕は思っていたのでした
でも庭にクサリでつながれたままで
1日1回の散歩を楽しみにしていたラッキーは
はたして本当に幸せだったのかな?
今となってはそう思うこともあります
ラッキーの母親と兄弟たちはその後は姿を見かけなくなったので
もしかしたら保健所で処分されてしまったのかもしれませんが
それと比べてラッキーが犬の寿命をまっとうできたわけではありません
わずか3歳ほどの若さで ラッキーは病死してしまいました
家の隣が竹林になっていて 蚊がたくさんいたので
夏の間は犬小屋の前に昼間は蚊取り線香を炊いて
夜には玄関の中に入れていたのですが
容態の異変に気づき獣医に連れていったころは
すでに手遅れの状態になっていました
当時僕の住む地域では フィラリアの予防接種は
まだ一般的ではなかったのかもしれませんが
飼い主失格であることは間違いありません
僕が死なせたのです
ラッキーの運命が定めた寿命ではなかったと思います
ラッキーは僕の誕生日の前日に天に召されました
「自分のことを忘れてほしくないから この日を選んだんだろうな・・」
そんなふうに僕は感じました
それから僕もいろいろと忙しい高校生活が始まり
だんだんとラッキーのことを日々の生活の中で思い出すことはなくなりました
そうやってさらに歳月が過ぎ
社会人となった僕にとってラッキーは遠い過去の思い出となりました
でも 不思議なことに
夜見る夢の中にラッキーがときどき現れては 僕にじゃれついてきました
夢ではよくあるように 僕はラッキーが既に死んでいることは忘れて
当たり前のように いっしょに遊んでいました
そして夢から覚めてみて 初めてラッキーがもういないことを思い出し
「もういちど 抱きしめたいな」 と思いながら
「幸せな生涯を過ごさせてあげられなくて かわいそうなことをしたな」
そんな後悔の思いに包まれて 胸が痛くなりました
死んだ犬の魂がどこへ行ってどうなっているかは僕には分かりませんでした
「ラッキーがまだどこかで寂しい思いをしていて、僕を呼んでいるのかな・・」
「自分のことを忘れて欲しくなくて 思い出してほしくて 夢に出てくるのかな・・」
そんなことを思いながらも ときどきラッキーと夢で会ったときは
それが日常のひとコマであるかのように 普通に接していたのでした
仕事でタヌキのポンタのイラストを描いている時も
心のどこかでラッキーを思い出していました・・
そんなある日の夢の中・・
ラッキーと僕は 「ペットと泊まれるホテル」 のような場所にいました
部屋のドアの入り口に28歳位の優しそうな女性が立っていて
「この子が一泊するのに必要なものは全て揃えてベッドの下に置いておきました」
そんなふうに僕に説明してくれたように記憶しています
それから なぜかラッキーと僕は人間の言葉で会話ができたのです
「海と山のどっちに行きたい?」
僕がそう聞くと
ラッキーは男の子の声で答えました(ラッキーはオスでした)
「ボクは山がいいな」
僕自身は海のほうが好きだったので ちょっと期待はずれに感じましたが
いっしょに二人で・・いや一人と一匹で 里帰りしてみることにしました
むかし僕が住んでいた家 つまりラッキーと一緒に過ごした家にです
そう思った瞬間に僕たちは家の前の道路にいました
なつかしいなあと思って家とその近所を眺めていると
ラッキーが陽気な声で言いました
「竹林はなくなっちゃったんだね」
「ああ・・そうだね、伐採されて隣に家が建ったからね」
僕がラッキーの意外な言葉にやや戸惑っていると
・・僕は夢から覚めました
まだ夢うつつの状態で 僕はふと思いました・・
「なぜ竹林のことなんか聞いたんだろう・・」
そして はっと気づきました
「そうか、竹林が伐採されたのはラッキーが死んだ後だったんだ」
僕はその時まで 竹林のことは一度も回想したことはありませんでした
「もしかしたら 本当にラッキーの魂が夢に出てきたのかもしれない」
そんなふうに感じて またふと気づきました
「もしかしたら あの女性が今の飼い主なのかな?」
そして、生まれ変わったラッキーがあの優しそうな女性に飼われているのなら
今の僕のところで飼われるよりも幸せだろうな・・・そんなふうに思いました
そう言えば
ラッキーのことを思い出して感傷的になっている僕とは対照的に
ラッキーはとてもサラッと明るい感じでした
それはまるで 
罪の意識に苦しんでいる僕のために
「しょうがないな・・一度会ってあげるかな・・」
なんて思って わざわざ出てきてくれてきたかのようでした
不思議なことに それ以来 ラッキーが夢に現れることはなくなりました
同時に なんだかラッキーは今は幸せに過ごしているような気がしたせいか
僕が後悔の思いでラッキーを思い出すことも ほとんどなくなりました
今あらためて思うと
もし「竹林」のことがなければ 
僕はあの夢を自分の潜在的願望の象徴と思っていたことでしょう
今までは
「もうあんなに悲しい別れをしたくないから ペットは飼いたくない」
そう思ってきましたが 最近はなんとなく 
もういちど犬を飼ってみたいなって少し思うようにもなりました
そして以前までは
「ラッキーが僕のところへ生まれ変わってきてほしい。今度は幸せにしたい」
そう願うこともありましたが
あの飼い主の女性を見てからは その思いは消えました
僕の罪滅ぼしの気持ちよりも ラッキーの幸せのほうが大切ですから・・
人でも 動物でも
愛する相手のために 
「もっと いろいろなことをしてあげたかった」
そう後悔するのは とてもつらいです
本当に とてもつらいものです
だから そんな思いをしなくてすむように
愛する人たちの幸せを確認できる人生を送りたい
それは自分勝手な気持ちかもしれないけれど
自分が苦しみたくないだけのエゴかもしれないけれど
でも 
後悔するのは とてもつらいから
愛する人たちが 幸せな一生を過ごしてくれることが
僕の人生の最大の望みです

昔のポエムより

吐息
自然な呼吸..
すやすやと眠っている時の息の音..
吸う音は小さくて
吐息だけが すーっと
くりかえす くりかえす
その音に耳を澄ませて
ただ見ているだけで
いとおしくなる
人間も 動物も
おだやかに眠っているときは
まるで自然につつまれて
抱っこされているよう
吐息に合わせて
おなかが可愛くふくらんでいる
思わず抱きしめてしまうと
ピクッっとして驚いて目をさましちゃう
あ、ごめんね
ふーっと大きく息を吐く
まるで夢の世界からこの世界へ戻る合図みたい
そう言えば、人は亡くなる最期の瞬間に
大きく息を吐くらしい
抱きしめた体からは
もう静かな吐息は聞こえないけど
温もりが優しく伝わってくる
胸にそっと頬をよせて
心臓の鼓動を感じてみる
ただ呼吸をくりかえす くりかえす
ゆっくりと
おだやかに
平凡にくりかえす
かけがえのない日常のひとこま
   EGOMEN
エゴは乾麺みたいなもの 水を吸ったら膨らむんだ
エゴを捨てたらダメだよ 必要な栄養分なんだから
エゴを隠してもダメだよ 湿気を吸ってしまうから
 
スープでゆっくり温めて 麺をほぐしてあげるんだ
もうエゴはエゴじゃない 美味しい麺を召し上がれ
   永遠の刹那
             
もの語る前 刹那のひとみ
            
もの思う前 刹那のこころ
何気ない時 刹那のひとに
何と多くを 教わるだろう
  妖精の部屋
ねえ どうして そんな目で僕を見るの
恋のかけひきを しにきたんじゃないよ
ねえ 君はいつから 大人のルールを覚えちゃったの
恋なんて 愛なんて そんな言葉 知らなかったのに
心と体を あずけたり 求めたり そんなゲーム してなかったのに
ただ 僕たちは 手をつないでいたのに
二人きり それだけで よかったのに
ねえ 君の言葉 とても痛いんだ
刺さないで 僕の胸 血がにじんできたよ
君の瞳は 僕を見ていて 僕を見ていないよ
そんな笑顔 僕に見せないで 
だって 泣いてるじゃない 君の胸の中で
僕の大好きだった女の子 暗い部屋に閉じ込められて 寂しそう
ねえ ちいさな頃 ひとり遊びをしていた君は
淡い光につつまれた部屋の中 妖精たちに会っていたね
僕も入れてもらえたね 君には見えたから
僕の背中についていた 天使の羽根
ふかふかの柔らかな白い羽根に
君をいつまでも乗せてあげて
君のやさしい胸の温もりを 感じていた
ねえ あれから 君に何があったの
いつのまにか 君は閉じてしまったんだね
妖精たちのいる 部屋の扉
天使や妖精たちが そっとふれあうように
君と僕は とっても仲良しだったのに
今 君を見ていて 涙がとまらないよ
ねえ 僕のこと 忘れてしまったの
君とつながっていた 僕の手を
お願いだよ
もう一度 僕にふれて
妖精の部屋へ 僕を連れて行って
   Sweet Strawberry
お気に入りのミラ・セフォンのティーカップと
おそろい柄の花とチェリーのテーブルクロスに
おいしいタンジェリン・ティーを用意して
淡いピンク色の花壁紙に囲まれた部屋の
真ん中に置かれた白い小さな丸テーブルで
君を迎えるつもりでいたよ
ざわめく街を彷徨いながら
デパートのお洒落なモールの中の
甘い香りに包まれた洋菓子屋さんから
ケーキの箱をもった君が ふわっと
嬉しそうに出てくるような気がして
僕は紅茶を選ぶようになったよ
蜂蜜のように甘い いくつかの恋をしたんだ
だからいつも お口直しに ビターな紅茶を味わってきたよ
でも おかしなことに気づいたよ
彼女たちのもってくるのは いつもクリームだけのケーキ
イチゴがのっていれば いろんな紅茶も楽しめるのに
ねえ 僕の遠いふるさとは いちごの産地なんだよ
春になるのが待てなかったら
野いちごを摘みにいこうよ
青い空と 花の香りに彩られた いちご畑の真ん中で
きらめく若葉のテーブルクロスの上に 二人ねそべって
誰の手にもふれていない 摘みたての甘酸っぱいイチゴを口にしよう
クリームも 紅茶もいらない
いちご色の唇に 甘いタンジェリンのような キスをあげよう
  淋しい笑顔
澄み切った 夏の青空のような
明るく爽やかで 嬉しそうな女の子より
曇りがかった 冬の闇夜のような
暗くしめやかで 淋しそうな女の子 無意識にさがしてた
どこかにいる 君の幸せを 
遠くからずっと 願っていても
どこかで微笑んでいる 君の瞳が
みんなを優しく 見つめていても
どこか虚ろで 悲しげな作り笑い かすかに感じてた
君は本当は 子供のように 無邪気で明るくて
雲一つない 秋の空のように どこまでも高く
星空のきらめきの中 笑顔をふりそそいでいたのに
ねえ どなたか・・・
天国から落ちてきた 傷ついた女の子を見かけませんでしたか
白い羽根の折れた 潤んだ瞳の天使を見ませんでしたか
ねえ 誰か・・・
淋しい笑顔の少女を知っていますか
たくさん泣いてきた瞳で 愛想笑いしている子を知りませんか
ああ、いえ 僕は
不幸の御つかいではありません
悲しみの天使に
笑顔をもたらしに 遣わされました
本当の 幸せの笑顔を
          
  妖精の庭
僕は母親に童話の読み聞かせをしてもらった記憶はないけど
そして そんなに本を読む子供でもなかったけど
もしいつか子供をもったら 
枕もとでも ソファーでも お話をいっぱいしたい
抱っこしたまま 話すたびに伝わる のどの振動を くすぐったく感じながら
あ、読み聞かせじゃなくてね どっちかというと 僕が聞き役なんだ
小さな子にはね 大人に見えないものがいろいろ見えてるんだ
一番の仲良しのブラウニーは いつもは花壇の中にいて
小人のおじさんは 引出しの奥に隠れてる
羽根をつけた妖精さんたちは 窓からそよ風に乗ってやってくる
「パパもブラウニーのお友だちになれるかな?」
「こんど聞いてあげる。パパならきっとブラウニーはお友だちになってくれるよ」
「じゃあ、ママもいっしょにね」
「うん」
それから、生まれてくる前のお話もしてもらおう・・
パパとママのデートを空から見ていたときのこと
ママのおなかに入ったときのこと
パパの話しかける声を聞いていたときのこと
ねえ、もしその子が女の子だったら
ずっと抱っこしている僕に 君はやきもちを焼くかな?
そうならないように 今からいっぱい いっぱい君を抱きしめてあげるよ
もう僕のひざの上に乗るのは飽きちゃったって言うくらい
それでも僕は ずっとずっと いつまでも君を抱っこしていたいから
子供を左のひざに 君を右のひざに乗っけるよ
だから・・できれば・・あんまり重くならないでね
でもね、ときどき思うんだ
ホントは僕は いつか自分の子供を抱っこしたいんじゃなくて
君の中にいる少女を 今すぐ抱きしめたいんじゃないかなって
だからね・・・僕が君をひざに乗せて抱きしめたときは
目をとじてキスを待たないで僕にお話を聞かせて・・
君の吐息につつまれて いつまでもこの胸で 君の声を感じていたいんだ
僕にだけそっと教えて・・・
妖精の住む庭から ふわっと遊びに来る
君にしか見えない 一番の仲良しのブラウニーのこと
それは 誰にも見せなかった 本当の君・・・
ねえ、僕もブラウニーのお友だちになれるかな?
  星空の微笑み
迷子の子犬みたいに
途方にくれて 君を探していたけど
涙をこらえて 見上げた冬の夜空に
やさしくまたたいていた星は
僕を温かく見つめる 君の微笑みのようだった
あぁ 君になぐさめられてもらってるなんて
僕が君を見守る星になるって 約束していたのに・・
星降る夜は 
無数にきらめく光の粒になって
枕を濡らして眠った君に やさしくふりそそぐよ
朝が訪れるまで 君をそっと抱きしめてあげる
柔らかな淡い日差しにつつまれて目覚めた君の
胸に残るほのかな温もりは 
夢なんかじゃないよ
 トイ・ハート
ちっちゃな頃
とっても空想好きな子だった
一人遊びが好きで
誰かと楽しくお話していたっけ
少し大きくなって
想像の世界には無かった 人の肌の温もりにふれて
大勢の友だちと遊ぶよりも
一人一人と 二人っきりで
向き合って 話をするのが好きになった 
でも あんまりしゃべらないんだ
相手の息遣いが聞こえるくらいの 静けさの中で
ゆっくり 瞳でふれあって 心を通わせていた
笑ったりもするよ でも ぼんやりした表情も 素敵なんだ
心の服を ときどき脱いで 裸のハートに さわってもらったりした
相手の手 よく見えなかったけど  
僕に触れた指は とってもザラザラしていたことがあった
寒い冬の日 手袋をつけたまま ぎゅって つかまれたこともあった
あ、痛い・・って感じて
僕のハートが少しヒリヒリして 見たら血が滲んでいた
赤くなったとこは ズキンって ひどく痛んだ
ううん いいんだよ 相手は悪くないんだ
僕がいけないんだよ
こんなハートをしている僕が
それからまた ひとり 部屋の中で
想像の世界の相手と 会話をするようになったよ
でも ときどき 肌の温もりが恋しくなって
ハートを開いて 触ってもらうんだ
柔らかく触れてくれるって信じてるんだ 相手の手も見ていないのに
懲りないよね バカだよね
それでまた傷だらけになって 痛くて眠れないほど 一人苦しんだりする
でもね 痛みって 少し好きだよ
だって それは好きな人が 僕に触ってくれた証だから
友だちは あきれた顔で言うよ
「君が一人で傷ついてるだけさ。 傍で見ていて痛々しいよ」って
でもいつかね 信じてるんだ
優しい手で 触ってもらえるって
大人になりきれない 古いオモチャみたいな僕だよ
修理をお願いしたら もう部品がなくて直せないって
それなら どうか 処分して下さい
傷で汚れた 壊れかけの マイハート
   とけていく世界
淡い蒼いろに染まった 夜明けの波打ち際
冷たい水しぶきが うっすらと黒髪を濡らして
うつむく君の頬と 白いブラウスに垂れていた
寄せては返す波を ただぼんやりと見ている
そんな君が 僕は好きです
淡い肌いろに霞んだ 夕暮れの波打ち際
温かい潮風が ふんわりと濡れ髪にそよいで
たたずむ君の頬と 白い胸元をなでていた
うっすらと消える雲を ただぼんやりと見ている
そんな君が 僕は好きです
抱きしめてほしいなんて 君は思っていなくて
海と空が溶けあっている 地平線が見えなくて
生きることと 死ぬことの 境目が分からなくて
手探りをするように 差し出そうとした両腕は
片方しか 挙げられなくて
そっと横を向いて 気づいてくれた
ずっと手をつないでいた僕を
潤んだ瞳で ぼんやりと見つめる
そんな君が 僕は好きです